HOME > 症例について > 叢生

叢生

叢生(重なり合いデコボコしている)症例

歯が重なりあって、でこぼこした歯並びの状態のことを、【叢生/八重歯・乱ぐい歯】と言います。歯が大きすぎたり顎が小さすぎて、歯と顎の大きさの調和がとれないために起きる症状です。

治療開始前 / 15歳4か月

治療開始前(側面)
治療開始前(正面)
治療開始前(側面)

↓

治療途中経過 / 15歳8か月

治療途中経過(側面)
治療途中経過(正面)
治療途中経過(側面)

↓

治療終了時 / 18歳3か月

治療終了時(側面)
治療終了時(正面)
治療終了時(側面)
ページトップへ
HOME 医院のご案内 スタッフの紹介 医院の特徴 診療室のご案内 アクセス プライバシーポリシー サイトマップ 小 中 大